今日の【想書】〜生きるって よいことも わるいことも 引き受けること〜

2014-06-13

20140613-060012.jpg

昨日に引き続き平成21年頃の作品です。うつ病からようやく抜け出し
始めて詩画を描き出しました。まだまだ落ち込むことが多く苦しんでいた頃
この作品です。

苦から逃げるな!苦はけっしてわるいことではない!苦の中に楽があるんだ!そんなことを自分自身に言いたかったんだと思う。

とある高僧の法話でこんな話をお聞きしたことがある。

人が息をするのはなぜか?と高僧が参加者に訪ねた。

参加者の一人は、生きるためと答えた。

別の参加者は、きれいな空気を吸うためと答えた。

その高僧はこう言った。誰か2つ洗面器に水を入れて持ってきて。

先ほどの参加者に、洗面器に顔を付けるように言った。

2人は素直に洗面器に顔を付けた。しばらくして苦しくなって顔を上げた。

タオルで顔を拭き、高僧を見上げた。

高僧がもう一度、〜人はなぜ息をするのですか?と訪ねると

2人とも【苦しいからです】と答えた。

高僧は頷き、そう。人は苦しいから息をするんです。と言った。

例えば、〜カラスの脳では、快と不快しかありません。

極端に言えば、快(餌)と不快(天敵)しかありません。それで生きて行けるし

もし仮に、不快を感じることができないと、すぐに死んでしまうわけです。

ところが人間は、そこに大きな脳を使って

快はよいこと。不快はわるいことと言う情感たっぷりの物語をつくります。

快はよいこと。と言って甘いものを食べ糖尿病になったりしています。

不快はわるいこと。言って自分では怖さや悲しみを避けながら、

子供には挑戦しなさい。と言っています。

とその高僧が言っていました。

僕は苦しいことがあると、酒を飲んだり、酒をやめた後は甘いものを食べたりしているな。

食べるだけじゃなく、【こう考えれば楽になれる】って感じで、

苦に楽で蓋をしていたな〜と思いました。

悲しいことがあると、【あいつが悪い、自分は悪くない】って安易に楽になろ

うとしていたな〜って思いました。

苦がとっても苦しく感じるのは、目の前の苦の事実と、過去の未完了な感情が

結びついているから。

今ここの事実と過去の未完了な感情とを切り離し、

(やり方は幾つもあるので、遠慮なく相談してね)

苦しいから【息をする】と気付くように

目の前の苦に向き合うからこそ気付く【生きる実感】が

バーチャルなプラス思考では動かなかった

【現実】が動く力を創っていくのだと思う。

 


ご利用者様の声はまだいただいておりません。

感想を投稿する

ご利用者の声

Copyright(c) 2013 名前詩人みのる:誕生日・還暦祝い・退職祝い・父の日・母の日などに世界に1つだけのプレゼント All Rights Reserved.
名前詩人みのるが真心こめて【名前詩】をお届けします。誕生日・結婚式・還暦・退職祝い・金婚式など各種イベントを彩るプレゼントにいかがですか?
[PR]商業登記