今日の【想書】〜自分で楽しもう〜

2014-08-05

20140805-132517.jpg

頑張って頑張ってやってきたことが、
無駄に終わってしまった経験はありますか?

大きなプロジェクト。
新規のプロジェクト。
チームのみんなが成功をめざし
情熱を傾けて取り組んでいたプロジェクト。

そんなプロジェクトが突然白紙に……

おそらく相当なショックとともに、
行き場のない怒りや喪失感を
感じてしまうのではないでしょうか。

しばらくやる気が起こらずに、
腑抜けてしまうかもしれません。

それまでにやって来たことが
徒労に終わってしまった時、
人の感じ方は大きく 2 つに分かれます。

1 つは、前述のように
燃え尽きてしまうタイプ。

このタイプは、なぜ燃え尽きてしまうのでしょうか?

その 1 つの原因は、
結果に執着していたからではないでしょうか。

結果に執着していると、
結果だけがご褒美です。

1 年かけてのプロジェクトなら、
1 年間にたった 1 回しか
充実感を感じる時がないことになります。

もしそのたった 1 回のチャンスが、
望んでいた結果にならなかったら、
それは当然燃え尽きてしまうでしょう。

実は以前は僕もこのタイプでした(^◇^;)。

一方、燃え尽きないタイプの人は、
結果より過程にフォーカスしています。

もちろん結果を出すために行動しています。

しかし、結果だけがご褒美ではないので
結果を出すために費やした時間全てが、
充実していて達成感のあるものになります。

こういうタイプの人は、
せっかく頑張ったのにとか、
自分が報われないといった思考には
なりにくいでしょう。

だからと言って、決してプラス思考を
しているわけでもありません。

失敗したことにも意味があるんだと、
無理矢理プラスの意味を見いだそうとはしません。

そもそも過程を楽しんでいるわけですから、
結果がどうなろうと、充実しているのです。

しかも、実際のところ、過程も楽しめている方が
結果にもつながりやすいんですよね。

なぜなら、その方が行動 1 つ 1 つの質が
高い状態にあるからです。

ストレスも感じにくく、
そのため持久力もあります。

ずっと高い生産性を発揮できるのです。

「そんなのは分かっている。」

「でもやらなければならないことはたくさんあるし、
全てが楽しめることばかりではない。」

「過程を楽しめれば確かに理想的だが、
実際はそんな甘く無い」

そういう声が聞こえてきそうです、、、

が、そのような「外側で起こる出来事」によって、
自分の心を決めれられてしまうようなメンタルだと、
どうしてもそういう発想に落ち着いてしまいます。

過程を楽しんでいる人は、
ただ【自分で楽しもう】と決めた人なんです。

それができるのは、
自分の心は実は自分で決めることが
できるからです。

周りで起こっていることや、
自分がするべきことが何であろうと、
自分の心のための思考をしていける、
それが本当のハイパフォーマーだと思います。

詩人カウンセラーみのる/100人無料カウンセリング実施中
【090-1555-7267】
お電話OK❗️要事前予約
詳しくはhttp://cocohiro.com

 


ご利用者様の声はまだいただいておりません。

感想を投稿する

ご利用者の声

Copyright(c) 2013 名前詩人みのる:誕生日・還暦祝い・退職祝い・父の日・母の日などに世界に1つだけのプレゼント All Rights Reserved.
名前詩人みのるが真心こめて【名前詩】をお届けします。誕生日・結婚式・還暦・退職祝い・金婚式など各種イベントを彩るプレゼントにいかがですか?
[PR]商業登記